LINEでお問い合わせ

ブログ

ご依頼・ご相談
お問い合わせ

メールで連絡

「給排水」工事とはどのようなものかをわかりやすく解説

 

 

「給排水」工事の概要

「給排水」工事とは工事種別で分けると「設備工事」の中でも「衛生設備工事」に分類されます。

「衛生設備工事」とは衛生設備機器・器具の据付け、

給排水などの配管施工を主体としたその他衛生設備の全般に関する工事のことを言います。

「設備工事」は「衛生設備工事」の他に「機械設備工事」「空調設備工事」「電気設備工事」に大きく分かれています。

一般的には、衛生・機械・空調設備工事は一つの業者によって行われることが多いです。

「給排水」工事の施工範囲は全体的に言いますと、

公共の給水管から建築する建物の敷地内に配管を引き込んで建物内にある衛生設備機器・器具に接続します。

そして供給された水は使用され排水管を通じて建物の外に放流されますので、

排水管を衛生設備機器・器具に接続して放流先まで配管する工事を行います。

これら全体が「給排水」工事の範囲となります。

では次に「給排水」工事の流れを順番に解説していきましょう。

 

「給排水」工事の流れ

今回はわかりやすいように、新築工事に際しての給水工事と排水工事について説明をしていきます。

 

給水工事

国内のほとんどの道路の下には公共の給水管が配管されています。

その給水管から建築する建物の敷地内に給水管を引き込む計画を立てます。

引き込む位置や口径などは設計図面にあらかじめ定められています。

設計図面は建築基準法他いろいろな法規に従って設計され、確認申請という許認可を得ている図書です。

この設計図通りに給水管を引き込む計画を立て自治体に申請します。

申請は「給排水」工事業者が施主代理人として行うのが通例です。

申請書類は工事図面や工事する際の道路使用許可などいくつもの書類を自治体の水道課などに提出します。

必要書類は自治体によって若干異なる場合があります。

そして最も重要なのは、自治体が指定した事業者(指定給水装置工事事業者)に

水道工事を依頼しなければならないということです。

指定給水装置工事事業者でなければ、申請そのものができません。

もう一つ重要なことは、引き込んだ給水管は各衛生設備機器・器具に接続されますが、

それらのすべての機器・器具の内容まで申請書に記載しなければならないということです。

提出された書類を自治体は審査して許可を得られると工事にかかります。

ここでまた重要なことがあります。

手数料や給水加入金が支払われないと工事が承認されません。

各自治体により、給水管の口径により、

引き込み工事の水道管からの距離などによって手数料・給水加入金額は異なります。

これらの手続きが完了した上で道路を掘削して公共水道管から配管を取り出して敷地内に水道管が敷設されます。

引き込まれた水道管はまず水道メーターを経由して各衛生機器・器具に接続していきます。

 

排水工事

排水工事とは建物の洗面・便所などから出る汚水を下水道に流すために、

建物敷地内に排水設備(配水管やます)を設置し、公共汚水ますに接続する工事のことです。

敷地内や屋根から落とす雨水に関しても敷地内に排水ますを設置して公共排水ますに接続します。

下水道が完備されていない地域は浄化槽を敷地内に設置して汚水を浄化したのちに

公共排水ますに放流しなければなりません。

排水工事に関しても給水工事と同様に指定業者によって排水工事をする必要があります。

また給水同様に確認申請書・設計図書に基づいた仕様で施工を行い、

工事完了後は完了検査を受けなければなりません。

 

以上から、「給排水」について工事を中心に述べてきました。

意外と一般には知られていない事項がいくつもあったと思いますが、「給排水」の概要を理解いただけたと思います。

 

前橋市を中心に関東全域の建築・住宅設備に関する工事であれば株式会社ワタコーにお任せ下さい。


会社名:株式会社ワタコー

住所:〒371-0805 群馬県前橋市南町2丁目42-6 MR前橋南町204

TEL:027-212-4113 
FAX:027-212-4114

営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜・祝日

対応エリア:前橋市を中心に関東全域

業務内容:設備工事・土木工事・給排水・衛生設備工事・工場などの屋根・板金工事

pagetop