LINEでお問い合わせ

ブログ

ご依頼・ご相談
お問い合わせ

メールで連絡

面倒なお庭の雑草対策についてご紹介!

 

夏が近付くにつれて、お庭の防草対策に頭を悩ます方は多いのではないでしょうか。

雑草に除草剤を撒いても、またしばらくすると一瞬で生えてきますし、

ガーデニングをしている部分には除草剤をまくこともできず、困りますよね。

ここでは、そんな面倒な防草対策のために有効な方法についてお伝えしていきます。

 

1.人工芝の活用

防草対策において、もっとも有効な方法のひとつとして人工芝の活用があげられます。

やり方は、

①まず今現在生えている雑草を全て取り除き、土をならす。

②地面に防草シートを貼り、固定する。

③最後に人工芝を上に重ね、固定する。

という、とても簡単な方法です。それだけで、人工芝の下からは一切雑草が生えなくなります。

またメリットとして、年中綺麗な緑を楽しむことができます。

ひと昔前までは、ゴルフの練習マットのような不自然な緑しかありませんでしたが、

今は枯れ草色が混じっているような芝のデザインが出ているので天然芝と大差なく、見た目がとても綺麗です。

ガーデニングを楽しみたい方は、人工芝を庭全体に敷かずに、

一部を切って、庭の一角を花壇として残しておくこともできます。

人工芝の構造上、しっかりと穴があいているので、お庭に水溜まりができてしまう心配もありません。

防草シートもメッシュ素材で水捌けが良いです。

防草シートを敷かずに人工芝を敷いてしまうと、水捌けのための穴から日光が差し込み、

そのわずかな穴から雑草が生えてきてしまいます。

人工芝を活用する際は必ず防草シートの上から固定することをおすすめします。

 

2.砂利の活用

人工芝の他に代表的な防草対策として、砂利の活用があげられます。

特に、生垣の根元や、室外機の周りなど、人工芝をひきにくい部分などには砂利を敷くだけで防草対策になります。

できれば、こちらも防草シートを貼った上から砂利を敷いた方が雑草は生えにくくなります。

砂利にもたくさん種類があり、西洋風の明るいレンガのような色味から、

日本庭園風の白くきらきらとした色味まで、見た目にもさまざまで楽しむことができます。

ご自身のお好きな外観のために、砂利を選んでみるのも楽しいですよ。

また、防草対策だけでなく、防犯面でも砂利は効果的です。

空き巣にとって嫌なことは音が鳴ることなので、気になる勝手口やドアの近くに防犯砂利という

音の鳴りやすい砂利を敷き詰めておくのも一石二鳥です。

 

以上のように、防草対策にはお庭の景観を楽しみながら、いろいろな選択肢があります。

実際に防草対策のために、庭に人工芝を敷き、生垣の下に砂利を敷いている家もあります。

雑草の処理が楽になっただけでなく、大切に育てている花や木につく害虫が減ること、

また、花壇や植木鉢を使ってメリハリのあるガーデニングを楽しむことができますね。

費用面では、人工芝と砂利のどちらがお得か、一概には言えません。

敷く面積や、芝や砂利の種類によっても異なってきます。

大切なのは、どちらか一方を選択するのではなく、組み合わせながら考えてみることです。

 

防草対策として、大変効果的な人工芝と砂利の活用ですが、

それでもたまに、人工芝同士の隙間や、砂利の間から数本雑草が出てしまうことはあります。

その際は強力な除草剤を使わずとも、熱湯をかけると根っこまで枯らすことができます。

一度枯らすことができれば、同じ草は生えませんので、引っこ抜きにくい雑草にはぜひ一度試してみてください。

お子さんがいたり、ペットを飼われているご家庭で、強力な除草剤を使うのは心配だという方には特にお勧めです。

 

防草対策を一度行うと、それからのお庭のお手入れが本当に楽になります。

毎年どんどん暑くなり、庭仕事がしんどい気候が続きますので、一度防草対策について見直してみてはいかがでしょうか。

前橋市を中心に関東全域の建築・住宅設備に関する工事であれば株式会社ワタコーにお任せ下さい。


会社名:株式会社ワタコー

住所:〒371-0805 群馬県前橋市南町2丁目42-6 MR前橋南町204

TEL:027-212-4113 
FAX:027-212-4114

営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜・祝日

対応エリア:前橋市を中心に関東全域

業務内容:設備工事・土木工事・給排水・衛生設備工事・工場などの屋根・板金工事

pagetop