LINEでお問い合わせ

ブログ

ご依頼・ご相談
お問い合わせ

メールで連絡

雑草の防草ってどんなものがあるの?二度と草取りする必要のない方法も紹介!

雑草の防草対策は快適な生活を送るうえで重要です。

しかし、具体的な対策についてはなかなか知らないことも少なくありません。

 

そこで雑草の防草対策をテーマにシートや除草剤などの定番の対策や各対策のメリットを解説します。

さらに防草シートを利用しても雑草が生えてしまう理由や二度と草取りをする必要のない防草対策の施工についてもまとめました。

 

今回の記事では、雑草の防草対策についてしっかりと理解できるでしょう。

 

雑草の防草対策の紹介と各方法のメリット

雑草の防草対策として、草むしり、除草剤、カバープランツ、砂利、ウッドチップ、そして防草シートといった方法が挙げられます。

まず定番なのは定期的な草むしりです。

 

これは雑草が生えてきたタイミングで草をむしる方法で、コストがかからないことや手作業なので細部までキレイにできるといったメリットがあります。

除草剤の散布もよく行われる防草対策の種類です。

 

液体タイプと粒剤タイプがあり、液体タイプは今生えている雑草を枯らす効果があります。

一方、粒剤はこれから生えてくる雑草を枯らす作用があり、こちらの方が防草対策としてメリットがあります。

 

草むしりの手間が少ないことや選べる除草剤の種類が多いことが特徴です。

カバープランツはグランドカバープランツと呼ばれるもので、芝などの植物を植えて雑草を防ぐ手段です。

 

景観がよくなることやペットが遊びやすいといったメリットがあります。

最近話題の温暖化対策にもなり、敷地内が若干涼しくなる効果も期待できます。

 

砂利を敷いて防草対策にするのも有効です。

こちらは単独ではそこまで防草効果がありませんが、後述する防草シートと組み合わせると効果的な防草が期待できます。

 

また、音が鳴るので防犯対策にもなるのが特徴です。

ウッドチップも防草対策に利用されることがあります。

 

樹皮を砕いたものを敷き詰めることで防草効果が得られる方法です。

庭の雰囲気も良く、砂利よりも軽量なので扱いやすいメリットもあります。

 

最後に紹介する防草シートは確実な防草を期待している方も多いのではないでしょうか。

これは文字通りシートで地表を覆ってしまうことです。

 

設置すれば効果が高く、破損したら撤去も簡単なメリットがあります。

 

雑草の防草対策を行っても草が生える理由

防草シートを敷いたのに雑草が生えることがあります。

この理由として雑草の突き抜け、シートの上のわずかな砂で生える、隙間から生えるといった原因です。

 

貫通する場合はシートの劣化や品質によるものが挙げられます。

織布シートと呼ばれるシートはコストが安い反面、目が粗いためそこから雑草が生えてしまいます。

 

シートの上にあるわずかな砂でも雑草がはえてしまうことが少なくありません。

この場合は、砂利を敷いて砂がたまりにくい状況を作ったり、面倒でも草取りをします。

 

根が張っていないので簡単に抜けます。

隙間からは粘着テープを張るなどの対策で予防できるため、一度試してみましょう。

 

二度と草取りする必要のない方法とは

二度と草取りをする必要がない方法は、防草リフォームを行うことです。

これは、コンクリートを敷設したり、それに近い固まる砂で固めたりといった施工です。

 

また、化粧板と呼ばれる石などのタイルでしっかり敷き詰めてしまうこともできます。

 

まとめ

雑草の防草対策には様々な種類があります。

中には完全に草が生えない状態にすることも可能です。

 

今回紹介した方法で一番の方法はありませんが、自分に合った方法を選んで対策することで、満足のいく防草対策になるでしょう。

まずは、防草対策を理解して、自分に合ったものは何かを探すことから始めてみませんか。

 

前橋市を中心に関東全域の建築・住宅設備に関する工事であれば株式会社ワタコーにお任せ下さい。


会社名:株式会社ワタコー

住所:〒371-0805 群馬県前橋市南町2丁目42-6 MR前橋南町204

TEL:027-212-4113 
FAX:027-212-4114

営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜・祝日

対応エリア:前橋市を中心に関東全域

業務内容:設備工事・土木工事・給排水・衛生設備工事・工場などの屋根・板金工事

pagetop