LINEでお問い合わせ

ブログ

ご依頼・ご相談
お問い合わせ

メールで連絡

外構・エクステリアとは

 

 

近年、従来の「外構」とは別に「エクステリア」という呼び方も増えてきました。

どちらも敷地内にある家の外側に関する言葉で、同じような意味を持つ言葉ですが、

実際に使われる現場では意味合いが異なるようです。

ではこの二つの言葉にどんな違いがあるのでしょうか?

 

エクステリアは見せるもの、外構は隠すもの

外構工事とは、敷地内の住宅本体以外の工事を指します。

例えば、建物周りの舗装や排水、造園工事全般のことです。

エクステリアも家の外側を装飾するものですので、外構工事の一部分とみなすことができます。

実際、少し前までは「外構」も「エクステリア」も同じ意味合いで使われていました。

しかしながら、近年では「外構」と「エクステリア」は明確に区分されることが多いようです。

 

外構の言葉の意味

建物の外部の構造物全般のことですが、外部をおしゃれに見せる「エクステリア」とは区分され、

機能性重視のものを指す傾向があります。

例えば、防犯や目隠し、舗装や排水など、生活をする上で必要なものを指して「外構」と呼びます。

大まかな区分であれば、エクステリアは見せるもの、外構は隠すものと言っても良いでしょう。

外構は、住宅のイメージを決める大切な部分です。

 

エクステリアの言葉の意味

「エクステリア」とは、インテリアの反対語で、外構の空間のことを言います。

「インテリア」とは、室内の照明や家具、壁紙、キッチン、洗面所等、建物内部の空間全般を指す言葉です。

デザインテイストや色合い、形状など様々な選択肢があり、しっかりと吟味することが多い項目です。

その対義語として「エクステリア」は位置づけられます。

「インテリア」の様に装飾的に建物外部を捉え、

空間や環境を演出することを指して「エクステリア」と呼びます。

すなわち、くつろぎの空間や憩いを味わう空間を建物の外側に作り出すことを

「エクステリア工事」と呼ぶようになったのです。

 

エクステリアを構成する外構には、どんなものがある?

エクステリアを考える上で、エクステリアを構成する外構にどんなものがあるのかを、

まず把握しておきましょう。

 

(1)門扉・門柱

門扉とは出入口に設けた門の扉のこと。

素材にはアルミ製や木製、アルミ+樹脂などがあります。

一般的なのは腐食やさびに強いアルミ製。

また開閉方法は両開き、片開き、スライド式があります。

門柱とは門扉の横に設置される柱や壁のこと。

たいていここに表札やポストを備えます。

最近は宅配ポストを備えた門柱もあります。

 

(2)フェンス

フェンスとは柵、囲いのこと。

外部から家の中が見えないよう目隠しの役割を果たします。

素材は門扉同様アルミや木製、アルミ+樹脂などのほか、植栽を巡らす生け垣やブロック塀、

土壁などがあります。

 

(3)アプローチ

アプローチとは門扉から玄関まで続く通路のこと。

素材はコンクリートやインターロッキング、タイル、レンガなどが一般的です。

 

(4)デッキ・テラス

デッキやテラスは、どちらも家のリビングと空間的につながった、外部リビングのようなもの。

一般的に室内の床と高さが同じ場合はデッキ、庭より一段高くなった台はテラスと呼ばれています。

どちらもイスやテーブルを置いて第2のリビングとして使用することが多いようです。

木製のデッキをウッドデッキと呼びます。

最近は本物の木のような風合いながら、

メンテナンスのラクな人工木(木粉と樹脂を組みあわせたもの)のデッキもあります。

ほかにはタイルや天然石などのデッキやテラスが一般的です。

 

(5)カーポート・ガレージ

カーポートとは屋根と柱だけの簡単な車庫のこと。

一方のガレージは車を格納するための建造物を指します。

屋根がないものは単に駐車場と呼びます。

 

外構工事は、簡単に住宅の雰囲気を変更できます。

株式会社ワタコーで快適な暮らしのための施工をご提案いたします!ぜひ一度ご相談ください。

 

前橋市を中心に関東全域の建築・住宅設備に関する工事であれば株式会社ワタコーにお任せ下さい。


会社名:株式会社ワタコー

住所:〒371-0805 群馬県前橋市南町2丁目42-6 MR前橋南町204

TEL:027-212-4113 
FAX:027-212-4114

営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜・祝日

対応エリア:前橋市を中心に関東全域

業務内容:設備工事・土木工事・給排水・衛生設備工事・工場などの屋根・板金工事

pagetop